スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これも愛の形か

ヒトゴトだから言えるがまさか丸のままプレゼントしてくれる人間が居る事に私は感動を禁じえない。
瑠璃花さんの従妹(沖縄在住)がオジサンがデカいのが捕れたので「新鮮な内に」と直送してくれた。良い人だ。
この時点でナマモノだと推察出来たが、まさかマルモノで持ってくるとは思わんかった。KYな人間だ。




一週間ほど前、瑠璃花さんが「皆でご飯食べよww」とメールが到来。
メシ代がタダになると思えばこそ断る理由もなく、愛花さんや中尊寺君など集って約6人ほどで飯を食う話になった。
そして奥から瑠璃花さんとその兄貴が持ってきたのは正に棺桶みてーな大きさの発泡スチロール。先着だった玲二君が苦笑いしてた時点でいやな予感はしていたが。

('A`)←そん時の私の顔はマジでこんな感じ。

見た瞬間皆固まっていたが私はそんな事よりこの兄妹が配送された時のオドロキの度合いの方が気になって仕方なかった。
しかも解体されてたら色々とつかえたのに「なんでマルのままやねん・・・」と思わず呟いてしまうサイズ。ぱっとみた所80キロはある。私より遥かに重いではないか。
見たところ、どうみてもマグロ。特徴から言っておそらくキハダマグロであろうことはなんとなくわかったが、これをどうやって食えというのか。
聞いてみると


瑠「玲二にと思って^^」

玲「さすがに限度があるわ・・・・」

蓮「ははは、正に【重い愛】って奴ですね」

愛「全然笑えねぇよ^^;」

瑠「え?蓮さんや玲二はこれ捌けないの?」

蓮「出来る訳あらへんがな・・・」

中「これは天然を装った罠だ!」

玲「楽しそうに言ってるんじゃねぇよ・・・」


こうなるとプロに頼むしかないと思い、近くにあるイオン系列のスーパーに電話してみると


蓮「あの、魚をさばいてもらいたいのですが大丈夫ですか」
イ「大丈夫ですよー。」
蓮「そうですか。それでですね、魚のサイズが80キロくらいありまし・・」
イ「ぶw無理です無理ですwwウチにはそのサイズの包丁がありません。申し訳ない^^;」


聞いてみると、どうもマグロみたいな超重量級の魚になると特殊な解体用の包丁(つーかノコに近い形だが)が必要で、仮に捌くにしても1時間、刺身なら2時間以上の大作業になってしまうそうだ。
(前提としてそんなバカデカイサイズの調理は想定していないだろう。精々鯛レベルを想定してるのだろう)
その他のスーパーに電話してみたが全滅だった。当然か。非常識なのはおそらくこちらだ。
魚定市場に電話してもよかったが、幾分距離があり往復の手間が凄い事になる。

しょうがないので困った時の竜胆君に電話してみた。(リアル山岡さんと呼ぶほど人脈と料理の知識があるのだ)


蓮「もしもし」
竜「断る
蓮「私はまだ何も言ってないぞ」
竜「ややこしい事を言おうとしてるのはなんとなくわかった。愛花が居ると大体オカシナ事になっている」
蓮「残念だが今回は瑠璃花さんだ。実はですね(以下略」

中略

竜「マルのままとか馬鹿じゃねーの^^;」
蓮「ああ、ゲンバにいる私もギャグだと思いたかった」
竜「瑠璃花の家の近くに市場の知り合いがいっからちょっと頼んでみるわ」
蓮「まじで助かったわあとからお前もコイコイ」


無茶な要求だがちゃんと来てくれたので大変有難たかった。さすがに来たおっちゃんはマグロにオドロキを隠せなかったが、それ以上に私が驚いたのがおっちゃん解体用のノコじゃなくて刺身包丁みたいなので捌いてしまったのだ。
さすが職人痺れる憧れる。
で、解体が終わると大体

愛「トロはどこ?!」

↑こんな事言う奴が出てくる。キハダマグロにトロはねーわ・・・とボソっと私が呟くと「なにぃー!?」とリアクションとガン飛ばしが帰って来た。(ホンマ嫁いけんぞ・・・)

そのあと皆でステーキにしたり塩焼きにしたりと思いつく限りのレシピで食べたが如何せんデカ過ぎて食い切れず。
竜胆君も加わってウマーな料理をふるまってくれたがさすがに腹がry

竜胆君が最後メンドくさくなったのか「もう冷凍庫にぶち込んでおけよ・・」と言って竜胆邸にある業務用の冷凍庫にぶっこんで帰りました。





楽しかったがどうしても気になる点がある。

あのマグロを一時的に引き受けた竜胆君の心境と、あの兄妹は一体どうやってアレを処理するんだろうか。
スポンサーサイト

おじさんさすがに困る

株は損切り(含み損1万5千円)で逃げ切ったのまでは良かった(掛け金が50万超えてた為)
でもいきなり、東京に勤めないか、と言われても困る。
これが九州なら間違いなくぶっ飛んでいったが、東京だと話は別だ。


正直なところ、東京は一人で住むような所ではないと思う。
オマケに私は都会に憧れた事がない。
ちょっと行く程度だと面白いとは思うのですが、住むとなったら大変だ。
ので




蓮「私みたいに繊細だと環境にヤられてしまう可能性大ですね」

「何言ってるんですか。あなたみたいによくも悪くも動じない人間は他にいません」

蓮「キミはボクを誤解している。常に広い視野を保ちながら周囲への配慮は中々神経を削る」

「天然ですか(笑)でも実際大丈夫だと思いますよ。蓮さん誰とでも話あわせられるし、ほら、関西弁ってこっちじゃ割とウケ良いですし」

蓮「君の狭い人間関係と見識は参考にならない」

「なんでそんな事言えるんですか。というか東京にも友達結構いるでしょう。弦一郎君もいるじゃないですか」

蓮「アレと私は俗世に通じるような親友じゃないがね。慣れ合いは一切しないと誓い合っている。それにほら、私繊細ry」


以下無限ループ



こう見てみると私がアカラサマに嫌悪感を抱いているように見えるが、誤解しないで頂きたい。
むしろ東京は魅力的な都市であるし、尊崇の念を抱いている。
何せ特撮映画や偶像ヒーローに出てくる怪獣は、みんな決まって東京を襲ってくるほどの知名度を誇るからだ。(日本の致命的な弱点を突いてくるとは怪獣は案外、勉強してから襲撃してきているのではなかろうか?「ニッポンはトーキョーを潰せば終わる」と)

そんな世界に冠たる東京であるが、どうしてもなじめない点がある。
「喫茶店」がないのだ。
え?そんなのスタバやド・トールで良いじゃんキャハハーとか言われそうだが、新聞読みながら美味いブレンドコーヒーを飲み、店主らと雑談し、またお土産をあげたり貰ったりするという事が出来ないではないか。
個人経営だからこそそういった愉しみが出来るのであって、所詮チェーン店には無理な事である。(下手を打てば通報されるかもしれない)

洋菓子店のレベルは神戸なんて目じゃないくらい高いのが良いが。
観音屋?風月堂?キャハハーAAry
そんなレベル。いや割とマジで。(主観です)


まあ行かないんですけど、行くとなったらそれはそれで大変だと思うなぁ。
私みたいな変わり者でも仲良くしてくれてる人がいるのでキリッ

そう考えると全国津々浦々してる人は本当に凄いっすねぇ・・・。

旅ってほど大したもんでもないんですけどね。
何度も行きましたが、行く度に思う。やっぱたのしいいいいいいいいいいいい!11


城崎いってきました。
これ言う毎に指摘されるんですが
「誰と?」
と言われても一人に決まってるじゃないか。ドイツや北海道にもツアーなんて使わず一人でレベルの人間でっせ。


温泉街



鸛の湯ってところの有料駐車場に泊めてふらふら歩いてる時になんとなく撮ってみました。
平日という事もあって空いてる空いてる。紋日になるとごった返す所なのでこういうのはちょっと嬉しい感じかな。
ここの通りに行きつけの寿司屋があるんですよ。
そこで鸛の湯で風呂入ってからちょうど良い時間なので昼食に寄らせて頂きました。

上海鮮丼

私が頼んだのは上・海鮮丼。
2100円と値段ははりましたが非常に美味。ネタの大きさも抜群で、サーモンはスーパーや回転寿司のそれとは明らかに違うものでした。
見てるだけでお腹が鳴りそうでしたけど・・・w
誰かと行くなら絶対にここでご飯食べたいですね。一人でも余裕でいきますが。城崎に寄った方は是非一度お立ち寄りを。(火曜日は定休日なので注意)

で、ご飯食べた後は「一の湯」で温泉つかって休憩室でうつらうつらしながら本読んで。
アテもなく

城崎の川

フラフラと。
人がいないから水の音がよく響いて風流な事この上なし。ゆっくり時間が進んでる感じで非常に宜しいようで。x。
温泉も殆ど貸し切りでゆったりできました。
珈琲が中々うまい喫茶店が城崎駅の近くにあるのでそこでミルククレープとアイスコーヒーをつつきながら新聞読んで一時間潰してました。日常の生活と余り変わらんとか言わないように。

そして帰り。

SA

これ朝来のサービスエリア2Fから撮った写真です。
昔からなんですけど帰りにはこのSAに絶対によって晩御飯食べるんですよね。非常に施設もシッカリしてて綺麗な所です。

asago

最後に見るのは朝来SAから見るこの風景で〆るのもいつもの事です。
変哲もない普通の風景なんですけどちょっと高台にあるから風が気持ちいいんですよね。
夜景に比べると本当にショボイのですが、誰がなんといおうと私はこの風景が好きなんですキリッ
ここで飲み物のんで一息ついて帰途に着く訳です。


ちょっと遠出はいつやっても楽しいですね。
水先案内したこともありますが、城崎は何度いっても良い所だと思います。
来月の中旬くらいにまた出没すると思うので見かけたら
「楽しいですか」
とか言ってみましょう。看破出来たあなたには特選海鮮丼(3500円)を奢ろう。

・・・ここ数年見てない人は一瞬判別付きにくいかもしれませんがね。
結構以前に比べて鋭く笑なってるそうなんで。

鋭いなんてひどい><温厚笑なのに><

傾奇者

実質的な最高責任者相手に凄い勢いで傾いてしまった。
首を縦に振るだけなら誰でも出来るがどっかで食い止めんと無理だろうと思って喧々諤々としてたら22時回ってたでござる・・・・。x。


だがしかしっ・・・!だがしかし相手の立場も理解できる故半端な論議になってしまった・・・!
だめっ・・・これだけではだめっっ・・・!!


不肖、蓮という人間は大学ん時から友達のよしみで阪大やら神大の連中とやりあいながら生きて来たのでいくら経験があろうが、議論という場において負けるわけがないキリッ
こっちはずっと弦氏や馨氏に泣かされながら生きてきたので随分とタフになったものだ。図太くなったとは言わないでほしい。実はとっても繊細ですからキリリッ

ですが、まぁ、もっと物事を総合的に考えて欲しいかなとは思いますけどね。
直近の利益じゃなくてもっと数年以内に達成する目標とか労働環境、人事生産性とか労働力の合理性とかもっと考える事あるんちゃうかと。
本気で中途な中間管理みたいな私じゃないんだからもっと物事大きく見て欲しかったが、相手さんにもちゃんと事情もあるし理解出来ますからねぇ。
半端に理解してるもんだからオシが弱いのだよ私は。良い人笑
って、なんで私がこんな事考えなアカンねん・・・?!


ドイツ在住の教授や弦一郎によく言われたんですが物事を側面的に捉えたらアウトだそうで。
出来るだけ色んな方面から考えていきましょう、というスタンスとってたら私みたいな性格だと中途半端になりがちなのが欠点か。
弦氏みたいに相手の事情を汲んでも尚、中長期を見据えて利益になるならバッサリとやってしまうだけの勇気というか性格を持ち合わせてないんですよね、おっさん良い人笑だから。x。
バッサリやるのは簡単ですがそっから広がる不安とか個々人の事情を私が汲めるほどのスペックは持ち合わせていませんし、出来るならば雇用も守ってやりたいのも本音ですが。
こういう時は思いっきり切ったほうが良いものか。私に背負えるかは別問題としても。x。





こんな事話してたら会社のお姉さんが「気にしたら負けじゃね?」とか言ってましたが本来気にしないと駄目な所なのは気のせいか。
後は「玲二君と一緒でここで埋没するのは勿体ない」と誉められただけおkwwww
単純なのでこういう言葉だけで私は元気出ますがね。なんせゲンキンなので・・!
(実際玲二君のスペックはそんじょそこらの人間じゃ太刀打ち出来ないカリスマ性と判断力、何より物事の柔軟性が素晴らしい。しかし何故龍谷にいったのか今でも謎。神大いけてたのに。大体そっちのがアンタの家の近くじゃry)

GWとはなんだったのか

拝啓愛花様、かなめ様、玲二様へ。

暇だから、とか抽象的な理由で私を連れ出さないでください。
おじさんはなぁ・・・おじさんは一人で勉強しないと死んじゃうんだ!!!11


ほら、修行僧みたいに一人で瞑想(決して迷走ではない、決してだ)に耽る時間が欲しい。おじさんだから。
ハムスターとは逆で単独行動こそ人生の真髄とまで思っているのだ。おじさんだから。
誘われるのは嬉しいが図書館の隅で難しい顔してるほうがよっぽど落ち着くのだ。おじさんだから。








こんな冗談をいつまでも飛ばしてられないんですけどね。冗談は性格だけにしろと自分には言いたいが。
今月末におじさんらしくもないが緊張する場面が来るのだ。数百人の面前でスピーチするような人間が緊張とは中々持って考え難い事態である。

個人単位で二百五十万を超える巨額の投資だ。おじさんチキンだからすぐ手を引きそうだが。
弦氏と竜胆君はこれに輪を掛けて酷いが。突筆すべきは弦氏か。自分の実力と才能だけで巨額の資産を積み重ねるタイプだなコイツ。でもどっかでオチそうだが。x。
天才の努力家とかどうしようもない。

私?私は凡夫の上に協調性を重んじる平和と経済と商機と読書を愛するたんぽぽとコウモリを足して2で割ったような人間です笑



と、こんな事書いてるから読者諸兄方は偏見を持っているかもしれないが、私は結構おとなしいんです。こう見えて。
今になって若干勤勉になってますがね。付き合いが広いだけにオッサン最近グロッキーなのが難点か。
翻るに、突っついてるだけで何となく面白い人間と言われてるので、暇潰しに皆電話かけてきているのかもしれぬ。
・・・おじさん泣きそry
プロフィール

蓮

Author:蓮
一応20越えて煙草も吸える年です。
神戸で会ったら適当に声掛けてください。恐らくわっふる奢ってくれというので・3・

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。